PROFILE‐経歴‐

PROFILE‐経歴‐

photo by 佐藤奈々子

書家/書道家  木下真理子
雅号は秀翠。東京を拠点に活動。
東アジアで古来受け継がれている伝統文化としての書を探求。
篆書、隷書、草書、行書、楷書の五書体を書き分ける。
専門分野は漢字であるが、女性の感性を生かした、漢字仮名交じり(調和体)の書にも積極的に取り組んでいる。

6歳より祖父の影響で書を始め、より専門的な知識と高度な技術を習得するために、書道の研究では第一線として知られる大東文化大学に進学。
そこで戦後の日本書道界を牽引した、故  青山杉雨(文化勲章受章)の継承者である髙木聖雨氏に師事。
大学卒業後は日本を代表する書展で作品を発表し、数々の賞を受賞。
『国際女性筆墨展』(参加国:中国、台湾、韓国、日本、シンガポール、フランス、イタリア、ドイツ、アメリカ等)では、日本代表の女流書家として選出された。

日本初の国立三大博物館巡回展『誕生!中国文明』(’10年)をはじめ、宮内庁・奈良国立博物館主催 『第64回正倉院展』(’12年)における同展初の書家によるテーマ題字、映画 『利休にたずねよ』(’13年)のタイトル及び劇中題字、NHK 『にっぽんプレミアム』(’15年)の年間(4シーズン)キャンペーン題字等、数々の題字を手掛けている。

またタイ王国にてシリントン王女御前揮毫、メジャーリーグ開幕戦では5万人の前で席上揮毫を披露。 近年の海外における「日本の書」の普及活動により、『VOGUE』(伊)誌で、各分野で活躍する世界の「Excellent people」の一人として紹介された。

 

 

  活動指針>>

  短評>>

 

  ポートレイト2>>

  Profile(English)>>

  所属事務所 HP>>

 

題字 
NHK総合『NHKスペシャル・シリーズ 巨龍中国』(2016~2017)
国際芸術祭『KENPOKU ART 2016 』(2016)
NHKBS『にっぽんプレミアム』年間キャンペーン(2015)
慶應大学経済学部『pearl』キャンペーン(2015)
日経BP『遺言』(2015)
角川書店『天地雷動』(2014)
読売ジャイアンツ球団設立80周年スローガン(2014)
東映正月映画『利休にたずねよ』(2013)
大友克洋『SHORT PEACE』「九十九」(2013)
NHK総合 『激流~私を覚えていますか?~』(2013)
TOYOTA LEXUS 広告(2013)
『正倉院展』のテーマ題字(2012)
LUMINEリニューアルキャンペーン広告(2012)
島津製作所 創業記念 広告(2011)
三大国立博物館巡回『誕生!中国文明』展(2011) 、他

 

プロフィール/書家 木下真理子 正倉院展題字「華」

 

公開揮毫

イタリア『ミラノ万博 日本館』(2015)
ユネスコ世界遺産 ノートでの“インフィオラータ”(2013)
モンゴル国立博物館 蒙書家ガンバートル氏と(2013)
韓日中 映画『マイウェイ』ジャパンプレミア(2012)
ロシア国立図書館(2011)
ウクライナ アルセナル美術館(2011)
両国国技館 世界初Apple社のiPadを使った公開揮毫(2010)
タイ王国におけるシリントーン王女御前揮毫(2010)
ドイツ フランクフルト大学での特別講義(2009)
スイス『ビクトリノックス』創立125周年記念(2009)
『ソウル国際ブックフェア』日本年記念(2009)
東京ミッドタウンで行われた七夕キャンペーン(2008)
東京ドームで行われたメジャーリーグ開幕戦(2008)

 

連載

日経ビジネス「和道」(2015.7~)
日経おとなのOFF「おとなの書道塾」(2013)
朝日新聞出版 みんなの漢字「和様ペン字」(2013)
読売新聞「言葉のアルバム」(2010~2011)

 

メッセージ(敬称略)

少年の頃より私が心の糧としてきた言葉を、木下真理子さんに書いていただきました。「自性清浄心」。仏教の言葉で、人間が本来持って生まれた本性のことです。 背筋を伸ばし、息を止め、一点一画をおろそかにしまいと真っ白な紙に向かってゆく書家の姿が目に浮かんできます。書に凝固された思い、気持ちがそのままに伝わって来ました。                  

第76・77代 内閣総理大臣 桐花大綬章受章 海部 俊樹 

 

私はモーグルという激しい競技をしていながら、心には日本の女性らしい柔らかさを忘れたくないといつも思っています。「私らしく」、そう木下さんに書いていただいた書は、自分の心の中をそのまま表してくださっているような気がしました。 強い思いと、雪を滑っているような滑らかさ、そして、女性らしい柔らかさ。素敵な書にしていただきました。

女子モーグル 上村 愛子

 

全体的な構成・文字の濃淡のバランスなど、見れば見るほど愛着を感じます。作品は、今の木下先生のライフステージ。年齢を重ねるごとに違った作品になるような気がします。それも見てみたいです。

ライオン株式会社 会長 藤重 貞慶 

 

それぞれの文字が生き生きして、力強く勢いがあり、その 一方で全体が凛としていて美しく調和している、そんな木下さんの作品に深く感銘いたしました。

株式会社島津製作所 代表取締役社長 中本 晃 

 

木下さんの書により、改めて初心に戻り、更なる勇気を戴いた思いが致します。 

株式会社日立製作所 相談役 庄山 悦彦 

 

15歳の冬、自分の道を迷っていたときに出会った一つの言葉。感動と共に自分に対しての戒め、そして希望となる言葉でした。料理人生40年に渡り思い続けてきた「この道より我を生かす道無し この道を歩く」自分にとって料理の道しか無いんだ、と言い聞かせ今も歩き続けることができます。縁あって木下さんにこの私の生涯を通したテーマを書いていただきました。この凛とした書を見ていると「よし頑張ろう、突き進もう、永久に!」 というエネルギーが漲ってきます。

料理家 脇屋友詞 

 

書は空間芸術である、とは木下さんから教わったことだ。墨と余白のゆるぎない緊張関係を自己の表現としたいと言われる。“自らを媒体”として人前に差し出すこともまた、空間との緊張関係を自己の表現とする営みだろう。木下さんの目はつねに空間のさらに向こうにあるものを凝視しているように思われる。ときに妖しいまでの強い光を放つその双眸に、わたしは魅せられずにはいられない。 

中央公論新社 編集長 堀間 善憲 

 

お問い合わせ

(株)ボン・イマージュ 担当:世良 (03-3403-4110)   info2@image-tokyo.co.jp  

書道研究 翠風会   rushia9@hotmail.com