書法と美の着眼-起筆1-

書法と美の着眼-起筆1-

 

起筆1・・・「順筆(じゅんひつ)」

書こうとする線の左上方向から、素直に筆を入れる。

自然で穏やかな起筆の形になります。

 

☛起筆2・・・「逆筆」
☛起筆3・・・「直筆」

 

筆が入る起筆の瞬間から「書」は生まれます。起筆はその後に書かれる線に影響を与え、文字の形や作品全体の印象も左右する大切な部分です。

 

 

『日経おとなのOFF~おとなの書道塾』より 写真:大高和康

←TOPページに戻る

→木下真理子の書作品を観る

 

書法と美の着眼

SEASON1 ☛   SEASON2 ☛  
1. 起筆      1. 余白
2. はね1     2. 潤渇
3. はね2     3. 抑揚
4. 払い1     4. 意連
5. 払い2     5. 疎密
6. 転折      6. 楷書
7.       7. 行書
8. 収筆1     8. 草書
9. 収筆2     9. 隷書
10. 用具     10. 篆書