書法と美の着眼-余白-

 

余白

点画の中に適度な〈余白〉を取ることによって、
文字に温和さが生まれます。
この〈余白〉は、墨の部分の“影”に対して、
“光”と捉えることも出来ます。

 

 

←TOPページに戻る

→木下真理子の書作品を観る

 

書法と美の着眼

SEASON1 ☛   SEASON2 ☛  
1. 起筆      1. 余白
2. はね1     2. 潤渇
3. はね2     3. 抑揚
4. 払い1     4. 意連
5. 払い2     5. 疎密
6. 転折      6. 楷書
7.       7. 行書
8. 収筆1     8. 草書
9. 収筆2     9. 隷書
10. 用具     10. 篆書