書法と美の着眼-潤渇-

 

手習いの心得〈潤渇〉PartⅡ淡墨編手習いの心得〈潤渇〉

〈潤渇〉とは、滲みと擦れの美であり、
技術的側面と自然条件(気温・湿度など)
との交わり合いによって生まれます。
自分の狙いと不可抗力との調和が、
書道をシンプルでありながら
奥深いものにしています。

 

 

←TOPページに戻る

→木下真理子の書作品を観る

 

書法と美の着眼

SEASON1 ☛   SEASON2 ☛  
1. 起筆      1. 余白
2. はね1     2. 潤渇
3. はね2     3. 抑揚
4. 払い1     4. 意連
5. 払い2     5. 疎密
6. 転折      6. 楷書
7.       7. 行書
8. 収筆1     8. 草書
9. 収筆2     9. 隷書
10. 用具     10. 篆書