書道事始

書法と美の着眼-用具-

事前に用意するもの

①紙 ②文鎮 ③下敷 ④筆立て ⑤筆 ⑥水滴 ⑦墨池  ⑧硯 ⑨印泥(いんでい)⑩印矩(いんく)⑪印 ⑫墨床 ⑬墨

 

上記、用具のなかでも特に、「筆・墨・硯・紙」を「文房四宝(ぶんぼうしほう)」と言います。

 

・・・「筆のおろし方」

「筆」は、柔らかい山羊の毛、やや堅い馬、鼬(いたち)の毛などで作られており、基本的には好みになりますが、初心者の方にはこれらが程良くブレンドされた兼毛(けんもう)の筆が書き易く、お勧めです。また、筆の軸の部分の太さには号数があり、一般的には3~4号ですが、実際に手にとって持ち味を確かめてみましょう。

 

墨&硯・・・「墨のすり方」

「墨」は、形状としては固形墨と液体墨(墨液、墨汁とも呼ばれます)があります。固形墨はワインと同じで、製造されてから長い年月を経ているものの方が良く、豊かな線質が表現できる墨となります。ただ、一度にたくさん書きたいという方は、液体墨でも質の良いものが市販されていますので、それを使用するのも良いでしょう。

「硯(すずり)」は墨の粒子が細かく均一になるものが良い硯とされて、金額も高くなります。液体墨を使う時は、墨を磨る必要がないので、墨池(ぼくち)という容器に墨を入れます。これは硯の表面にある「目」によって筆を痛めることもなく、また、多量の墨を使用でき、簡単に洗い流せるので便利です。

 

・・・「紙に折り目をつける」

「紙」は紙質によって、線の性質(書き味)や墨の色あい(滲みや掠れ)の違いが出ますので、紙選びは重要です。また、紙の繊維のザラつきを活かして書くと線に強さが出たりします。どのような作品を書きたいのかをお店の人に伝え、相談してみましょう。ただ、練習用の半紙なら、1000枚入りの安くて書き易いものでかまいません。

 

 

『日経おとなのOFF~おとなの書道塾』より 写真:大高和康

←TOPページに戻る

→木下真理子の書作品を観る

 

書法と美の着眼

SEASON1 ☛   SEASON2 ☛  
1. 起筆      1. 余白
2. はね1     2. 潤渇
3. はね2     3. 抑揚
4. 払い1     4. 意連
5. 払い2     5. 疎密
6. 転折      6. 楷書
7.       7. 行書
8. 収筆1     8. 草書
9. 収筆2     9. 隷書
10. 用具     10. 篆書