書法と美の着眼-点①-

書法と美の着眼-点①-

点① ☛

点①

一点の中にも起筆と収筆があります。

 

「点」もいってみれば一画です。単純に筆を置くというだけではなく、毛先を上手く活用させて丸味と柔らかさのある点にしていきます。

 

 

『日経おとなのOFF~おとなの書道塾』より 写真:大高和康

←TOPページに戻る

→木下真理子の書作品を観る

 

書法と美の着眼

SEASON1 ☛   SEASON2 ☛  
1. 起筆      1. 余白
2. はね1     2. 潤渇
3. はね2     3. 抑揚
4. 払い1     4. 意連
5. 払い2     5. 疎密
6. 転折      6. 楷書
7.       7. 行書
8. 収筆1     8. 草書
9. 収筆2     9. 隷書
10. 用具     10. 篆書