書法と美の着眼-意連-

 

意連

連続する点と線、文字と文字との間には、
目に見えない意識的な繫がりというものがあり、
これを〈意連〉と言います。
実線ではありませんが、意連によって
優美な調和が醸し出されます。

 

 

←TOPページに戻る

→木下真理子の書作品を観る

 

書法と美の着眼

SEASON1 ☛   SEASON2 ☛  
1. 起筆      1. 余白
2. はね1     2. 潤渇
3. はね2     3. 抑揚
4. 払い1     4. 意連
5. 払い2     5. 疎密
6. 転折      6. 楷書
7.       7. 行書
8. 収筆1     8. 草書
9. 収筆2     9. 隷書
10. 用具     10. 篆書