書法と美の着眼-疎密-

 

書法と美の着眼-疎密-

文字の中に伸びやかな部分である“疎”と
引き締められる“密”の部分が共存することで、
幽妙な趣が顕れます。
〈疎密〉は一字書だけに言えることではなく、
複数行の書においても同様に意識されます。

 

 

←TOPページに戻る

→木下真理子の書作品を観る

 

書法と美の着眼

SEASON1 ☛   SEASON2 ☛  
1. 起筆      1. 余白
2. はね1     2. 潤渇
3. はね2     3. 抑揚
4. 払い1     4. 意連
5. 払い2     5. 疎密
6. 転折      6. 楷書
7.       7. 行書
8. 収筆1     8. 草書
9. 収筆2     9. 隷書
10. 用具     10. 篆書