書法と美の着眼-草書-

 

草書
隷書の速記体。
一見してわからないほど崩されていますが、
崩し方には一定の基準、型があります。

書き方
ひと文字の中での始まりから終わりまでの
流れと線の構成を理解し、
筆を入れたら連続して流れるように、
ひと筆書きのイメージで書いていきます。

 

 

←TOPページに戻る

→木下真理子の書作品を観る

 

書法と美の着眼

SEASON1 ☛   SEASON2 ☛  
1. 起筆      1. 余白
2. はね1     2. 潤渇
3. はね2     3. 抑揚
4. 払い1     4. 意連
5. 払い2     5. 疎密
6. 転折      6. 楷書
7.       7. 行書
8. 収筆1     8. 草書
9. 収筆2     9. 隷書
10. 用具     10. 篆書