書法と美の着眼-隷書(れいしょ)-

書法と美の着眼-隷書-

中国の漢代(日本の弥生時代)に公式とされた書体。
篆書が実用的に簡略化され、整えられました。
現代では紙幣の「日本銀行券」の字や「読売新聞」
の題字などに使われています。

書き方
構造と書き方は、紙ではなく竹や木に書かれた
ことに由来しています。形は扁平で、
縦画・横画は垂直・水平であることを意識します。
波磔(はたく)という波状の右払いをすることが多く、
筆圧を維持しながら右上方向に払い上げて書いていきます。

 

 

←TOPページに戻る

→木下真理子の書作品を観る

 

書法と美の着眼

SEASON1 ☛   SEASON2 ☛  
1. 起筆      1. 余白
2. はね1     2. 潤渇
3. はね2     3. 抑揚
4. 払い1     4. 意連
5. 払い2     5. 疎密
6. 転折      6. 楷書
7.       7. 行書
8. 収筆1     8. 草書
9. 収筆2     9. 隷書
10. 用具     10. 篆書