遺言

遺言

12月29日発売の『日経ビジネス』(日経BP)の特集題字である「遺言」という文字を書かせて頂いた。ご依頼頂いた時、電話口で揮毫する言葉が「遺言」とお聞きして驚いてしまったのだが、よくよくお話を伺うと、これは「未来に遺したい言葉」という趣旨の特集であることが分かった。

人生を生きていく上で、人は皆、心に残る言葉というものをそれぞれに持っている。それは自分という人間が、その言葉に触れた瞬間に、悲しみを抱いていれば優しく響き、気が緩んでいたら厳しく叱咤激励されるものかもしれない。そして生きていく中で、ここぞという時にその言葉は反芻される。

私は書家という仕事柄、言葉を意識的に捉える機会が多い。心に残るような言葉を発した人物が、どんな時に、どんな環境において、何を思考し、どのように生きていたのか、言葉に内在されている真実を紐解こうとすると、往々にしてその言葉は、“逆説”であるということに気付く。人に向けられた言葉であっても、実はその人物自身に向けられているものなのだ。

個人的には、オノ・ヨーコさんの「夢をもとう!」という言葉が好きだ。これは甘ったるい楽観主義から発せられた言葉ではない。現実という壁に直面し、絶望の中、苦しみを抱えながら生きてきたヨーコさんだからこそ、紡ぎ出された言葉である。

以前、私が書いた書に、ヨーコさんが〝気〟を入れてくださった。それは白隠の一筆とでも言えるような、スピリチュアルなものだった。言葉には「力」が宿る。それによって人は背中を押され、社会は変わり、未来も作られる。私はその時、それを実感し、書家の役割というものが、炙り出されたような気がした。「夢をもとう!」の書