書の小宇宙

半年ぶりに、いくつかの作品郡を更新した。作品を並べてみて改めて思ったのだが、書というのはつくづく「小宇宙」であると再認識した。ミニマルな世界には無限にイマジネーションが広がる。書道芸術はけして2次元で完結するものでも、書家の自我に捉われるものでもない。

書の小宇宙

「ZEN」秀翠

※☛https://kinoshitamariko.com/blog/works/

プレミアム!

秋のうた

関連記事

  1. 最適化と主義

    2019.07.17
  2. 硯の講演会とシンポジウム

    2013.11.29
  3. 師走

    2014.12.13
  4. 日常のデトックス

    2015.05.31
  5. 新学期

    2017.03.31
  6. 白亜の城

    2015.03.22
PAGE TOP