秋のうた

10月に入り暑さも薄らいで、随分過ごしやすくなった。秋といえば、この時期に咲く花が私は好きだ。春に咲く華やかな花、夏に咲く力強い花とは違い、どこかひっそりとして慎ましい。秋桜や河原撫子、竜胆に藤袴・・・。

せっかくなので、万葉集、古今和歌集、新古今和歌集から秋の句を7つ選び、揮毫してみた。書家としての仕事でも、自分の作品制作でもなく、ただなんとなくつらつらと書いてみた。なんとなく書くということを普段はあまりしないのだけれど、変な力も入らずに、これも書道の愉しみ方の一つなのかもしれない。

秋のうた

    書の小宇宙

    香十庵にて

    関連記事

    1. 一休宗純

      2015.11.10
    2. 師走、真っ只中

      2019.12.13
    3. もうすぐ春

      2014.03.05
    4. 厳かなるもの

      2017.09.12
    5. 誇り

      2015.09.02
    6. 一人ひとりの毎日と書道

      2019.05.11
    PAGE TOP