祓いと払い

今年も残すところ1週間。

この時期は年末の大掃除があちらこちらで行われている。日本には昔から“祓(はら)い”という考え方があって、〈不浄を心身から取り除く〉ことであるが、「掃除」という行為もこれに当たるものだと思う。

書道においては「払い」という書作の基本があり、この“祓い”が日常的に行われている。“気の流れ”を汲む芸道は合気道だけではない。

書道の主眼は、上手に書こうとすることではなく、怱怱とした日常にあって気持ちを整え、先人の心を追体験をすること。

興味を持たれている方は、新しい年を迎えることをきっかけにして、始めて頂ければと思う。

冬の日に②
info.

・日経ビジネスオンライン連載『和道』

 次回、香道の稲坂良弘さんとの対談は1月掲載になりました

・NHK BS『にっぽんプレミアム 冬編』☛ポスター & 動画公開

・よみうりカルチャー横浜 ☛「本格 書道」コース 新規募集

・エコール・プチピエ銀座 ☛「恋する書道」コース 新規募集

    「らしさ」ということ

    ひとつの輪 私たちの和

    関連記事

    1. 情熱

      2020.12.04
    2. 芸術の秋

      2017.10.31
    3. 京都追記

      2013.12.23
    4. 恋・日・本 Welcome to JAPAN

      2013.03.16
    5. 日本の夏

      2018.07.26
    6. Silent Night

      2017.12.22
    PAGE TOP