冬籠り

今朝、私が暮らしている街でも初雪が舞った。身も心も寒さが一段と染みる。

冬木成 春去来者 朝尓波 白露置 夕尓波 霞多奈妣久 

汗瑞能振 樹奴礼我之多尓 鶯鳴母

冬籠り春さりくれば 朝には白露置き 夕には霞たなびく

風の吹く木末(こぬれ)が下に 鶯鳴くも

万葉集 巻13-3221 作者未詳

「冬籠り」という言葉がある。ここでは春にかかる枕言葉として使用されていて、草木が冬になって葉を落とし、その精気が地中深くもぐることを意味している。

〈春に芽を出すために、ただじっと力を蓄える〉

冬はそんな季節だということを、この歌は改めて気付かせてくれる。

冬籠り

「らしさ」ということ

人生は分からない

関連記事

  1. ties

    2021.01.06
  2. 10月の空

    2019.10.21
  3. 2014.10.10
  4. 雨の余韻

    2020.06.13
  5. 一息の愉しみ

    2017.06.29
  6. 他人事ではない

    2022.03.02
PAGE TOP