命を懸けて欲したモノ

現代でも本物の香木は、「金」に勝る程の価値があるという。
戦国時代、武将はこぞって香木を愛で、香を心の拠り所としながら、戦場に赴いた。
香道編、いよいよクライマックス。

命を賭けて欲したモノ

日経ビジネス「和道~心のしきたり 美のこだわり」

>第3回足利義政は香木コレクターだった

    愛のコミュニケーションツール

    陰影礼賛の心得

    関連記事

    1. 熊野“筆”巡礼 筆の里工房

      2016.09.12
    2. アウトサイドに生きる

      2014.01.08
    3. 自然体の美

      2013.07.22
    4. 京都 貴船神社

      2016.05.04
    5. 10月の空

      2019.10.21
    6. それぞれの神話

      2014.01.17
    PAGE TOP