筆の花

「上下関係」という言葉が好きになれない。
“上”という文字の字源は、“物が下敷きに載っている様を表す”とある。
言い換えれば、常に何かしらの犠牲に成り立っているものが、“上”なのだろう。

現在、『和道』という連載で、茶道の回の準備をしている。芸道の世界において言えば、純粋な技への「向上心」を自身で持つことは良いとしても、そこに地位や身分などへの「上昇志向」がともなえば、権力と同化してしまう。

自分の書は、他人の書ではない、自分そのもの。嘘はつきたくない。

筆の花

    別れと出逢いの季節に

    自然の摂理

    関連記事

    1. 年末の東京散策

      2013.12.31
    2. 2015.02.08
    3. 茶の湯の教え

      2014.02.20
    4. 自ずと然り

      2017.03.14
    5. 柳緑花紅

      2017.01.19
    6. 千載具眼の徒を竢つ

      2016.04.26
    PAGE TOP