空を見上げて

空の美しさにかなうアートなんてあるのだろうか。
これはオノヨーコさんの本の序文に書かれていた言葉。

最近は少し忙しくなってしまって、書作品や原稿書きによって、気付けば下を向いてばかり。
だけど、昔は部屋の窓からよく空を眺めていた。

手で掴めるような、確かなものではない。
たとえ今日がどんな日だったとしても、こうして「空」を見れば、繋がりを一瞬で感じることが出来る。

info.日経ビジネスonline 「和道・書道編」いよいよ1/22公開!

    同時代人として

    最終章

    関連記事

    1. 漢字文化圏に生きて

      2014.07.04
    2. 去りゆく夏

      2015.09.04
    3. Silent Night

      2017.12.22
    4. 香十庵にて

      2015.10.16
    5. 待つということ

      2020.03.06
    6. 一人ひとり

      2020.02.27
    PAGE TOP