海の幸


書道教室の生徒の方が、東京湾で釣ったという真ダコと相模湾で釣ったマルイカ(剣先イカ)をくださった。

タコは茹でたものを、イカは炙ってからマヨネーズを和えたお醤油で頂いた。
あまりの美味しさに感動してしまった。
東京湾で捕れる真ダコは、兵庫明石のタコと同等の評価があるそう。
かつては東京湾で捕れた魚介類は、江戸前と言われ、江戸前寿司は名物だったのだから、頷ける。

昨日、豊洲市場の安全宣言も発表された。
仲卸を介して信頼できるお店で手に入れるのが一般的ではあるけれど、最近は地方からの産地直送で、その日の朝に捕った魚が空輸され、夜には都内の居酒屋で出されるなんてこともあると聞く。鮮度が全てというなら、それこそ先の人のように自分で釣ってしまうことに尽きる。

でも、漁師さんにしても、仲買さんにしても、魚屋さんにしても、彼らの“こだわり”が美味しさを引き立ててくれていることも忘れてはいけない。

info. 先月掲載された『婦人画報』の記事がインターネットでもご覧頂けるようになりました。
右のリンクからご覧ください☛雪肌精MYV