洗心パワースポット!

もう10月も中旬になるというのに、いま少し秋らしさが感じられない。いまだに夏日のような日がある。
秋といえば、紅葉が楽しみの一つではあるが、かの利休は紅葉よりも、樫の葉が紅葉しないままに散り積もった様を好んだようだ。

樫の葉のもみぢぬからにちりつもる 奥山寺の道のさびしさ

慈円の歌になぞらえて利休がよんだものとされる。紅葉が“高揚”に繋がることに対して、シンとした風情に心が洗われる、そんな思いを持っていたのではないだろうか。

今年はピークを過ぎた頃、紅く染まった葉が、透き通った池に浮かんで彩りを添える、そんな趣を見に行きたい。

書家・木下真理子が行く「洗心パワースポット」日経リュクス

高山寺 “自然と共生する寺”で世俗から離れ、身心をデトックス
知恩院 3つの解脱を意味する三門で、迷いの世界を抜け出す
東福寺 スケールが大きくて、オープンマインドな禅宗寺院

身心を浄化するパワースポットを紹介。
是非、ご覧ください。