グリーンパワー その2

前回の続き…

私はどちらかというと淡泊な料理の方が好きだから、食事の好みが人とはなかなか合わず、一緒に食事をする人をよく困らせてしまう。
特にベジタリアン、マクロビストというわけでもないし、人並みに食欲だってあるのだけれど、濃厚な味だったり、手が込んだもの、あるいはハンバーグやコロッケといった加工されたものが苦手なのだ。

それより、野菜など自然に成り立った素材そのもの彩りや、風味を感じながら食べる方が好み。
野菜をメインディッシュの添えものなどとは思わない。

「それでは力が出ないでしょう」と言われることもあるし、「ちゃんと食べているんですか」ともよく聞かれる。
でも、あのポパイだってほうれん草を食べてパワーアップするし、そもそも緑葉植物の緑は、進化の過程で光を効率よく吸収して、自らエネルギーへ変換する為に身につけた色だとされている。
植物と意思疎通がとれることも、オノヨーコさんに教わった。水を仮に与えることをしなくても、毎日話かけていれば植物は元気でいるという。

そんな植物の生命力を頂くのだから、やっぱり「いただきます!」と感謝の気持ちをきちんと持たなければ。

グリーンパワー その1

グリーンパワー その3

関連記事

  1. 千載具眼の徒を竢つ

    2016.04.26
  2. 書家の課外活動 2016.10

    2016.10.28
  3. 清らかな風に包まれて

    2018.06.12
  4. 海か、山か、芸術か?

    2016.06.30
  5. 時を打つ。

    2016.06.18
  6. 瞬間の判断

    2016.11.08
PAGE TOP