空の美しさ

空の美しさ

今日は久しぶりに気持ちの良い澄んだ青空を見た気がしました。何故なのでしょうか。このところうつむいて歩くことが多くて、気がつかなかっただけかもしれません。

「空の美しさにかなうアートなんてあるのだろうか」

オノヨーコさんの『ただの私』(講談社文庫)という本の序文に記されています。この本は本当に素晴らしいです。私は特に序文に心打たれました。辛い時や苦しい時、何度も何度も読み返します。

「私はただ私でありたい、そう思って生きてきた」

そうも言われています。ただの私とは、「ごく普通」「素」の私という意味と英語で言うONLY ONE、「ただ一つ」「唯一無二」の存在である私、というダブルミー二ングなのだと読み進めていくうちに気付く、そんな奥深い本です。

    可愛い

    春です!

    関連記事

    1. 行書、そして楷書へ

      2001.01.02
    2. 『第64回正倉院展』テーマ題字

      2012.10.24
    3. 沈佺期詩

      2001.02.01
    4. Personal Data 26

      2001.03.01
    5. 日食とお夜食

      2009.07.24
    6. 雨音

      2008.06.27
    PAGE TOP