ワンピースの誘惑

私はワンピースが好きです。昨日はお天気も良かったので、つい、またワンピースを買ってしまいました。ちょっとしたメンズライクなパンツスタイルやエレガントなモード系の洋服も好きなのですが、なにを買おうかと選んでいる時に、一番ワクワクしてしまうのは、やっぱりワンピースです。何故なのだろうと改めて考えたところ、それはワンピースそのものというより、ワンピースを着て出かけること、あるいは出かける場所が好きなのではないかと気が付きました。

ワンピースが似合う場所。陽だまりの公園や、風の気持いい海辺、さわやかな朝のカフェテラス、星がきれいな丘・・・

普段、仕事などで外出する時に着ていく服は、自分を外的のことから守ったり、違う自分を見せるための“衣装”と言えなくもありません。装うという意味には、「着飾る」という意味とともに、いかにもそうであるかのように「見せかける」という意味もあったりしますから。

そして、自分らしく、子供のように自然体でいる時に着ている服が、私の場合はワンピースなのです。

    過去と未来の交差点

    今日という一日

    関連記事

    1. エコとエゴの境界線

      2008.07.04
    2. 解放感

      2009.07.21
    3. Personal Data 5

      2001.03.01
    4. 松樹千年翠

      2001.02.01
    5. ちょうどいいのが ちょうどいい

      2001.02.03
    6. 神様からの贈りもの

      2008.12.12
    PAGE TOP