花鳥風『月』食

本日、ある取材が行われたのですが、立ち会ってくださった広告代理店の方から、京都のお土産を頂きました。鮮やかな彩り、香しい風味がパックされた京漬物です。

漬物には日本独自の文化をそこに見てとることが出来ます。日本には「箸休め」という言葉がありますが、主体となる料理の間に、漬物を出すことで、前後の料理の味をより楽しむ、ということがありますよね。

花鳥風『月』食_1花鳥風『月』食_2花鳥風『月』食_3花鳥風『月』食_4

花鳥風『月』食_5花鳥風『月』食_6花鳥風『月』食_7花鳥風『月』食_8

ところで。このところ慌ただしくて、なかなかブログの更新が出来ず、すみませんでした。と、言いつつ、本屋さんでとある文芸誌を手に取ったところ、片岡義男さんの新作の短編小説が掲載されていて、思わず買ってしまったのですが。少しだけ立ち読みして、でもあとは時間が出来た時の楽しみにとっておこうと思います。

それにしても、数行読んだだけで、慌ただしかったことが嘘のように、小説の中の情景が心に拡がり、清々しい風が送られて来ました。片岡さんの作品は、いわゆる80年代の全盛期(多作期)にはリアルタイムの読者ではなかったのですが、数年前に『日本語の外へ』という本を読んで以来、数々の小説やエッセイを遡って読んでいます。片岡さんはお父さんが日系2世で片岡さん自身も少年期をハワイで過ごされたそうですが、だからこそ、逆に日本人らしさ、美しさが客観的に見えていて、語れる方なのだと思います。

花鳥風『月』食_9

さて、東日本大震災後、日本人らしさ、日本らしさということがあちらこちらで語られています。それが何であり、またそれが今、保持されているのかなど、いろいろな考え方があると思います。私が思う古からある日本人らしさとは、一言で言い表すと“間”です。家の作りを見ても、日本家屋には、居間、土間、床の間などがありますよね。間を大切にする、それは空間だけでなく、人と人との間、時間ということについても言えて、そうしたことに長けているのが日本人の特性のように思います。

冒頭に書いた、漬物を食する文化もそうですよね。“間”、言い換えればそれは”心の余裕”であったり、“心の豊かさ“であるのだと思います。それが、今は、『月』が姿を隠してしまっています・・・。一日も早く、東北地方の人たちが、この“間”を日常生活に取り戻せることを願わずにはいられません。

    もうひとつの現実

    雨音とキャンドル

    関連記事

    1. ジェラートの記憶

      2008.08.01
    2. Personal Data 13

      2001.03.01
    3. Personal Data 43

      2001.03.01
    4. Approach To Korea レポート

      2009.05.22
    5. 揮毫 『誕生!中国文明』

      2010.07.09
    6. Personal Data 11

      2001.03.01
    PAGE TOP