灯り

2012年という年もあと僅かとなりました。年齢を重ねるにつれて、1年が早く感じるのは、一度経験したことは、次から特別なこととして感じなくなり、時間が経過していくことにも無関心になってしまうからだと・・・そんなことを聞いたことがあります。

さて、先日のことですが、汐留のキャンドルイベントに行ってきました。これはアーティストの藤川靖彦さんによるものですが、キャンドルを包んでいる和紙には、子供たちの様々な夢が書かれていました。寒さの中で、暖かく灯ったキャンドルの光が優しく揺れて、言葉は夜空に向かって舞っていくようでした。

“いつまでも、夢を忘れずに”自分もそうありたいと思いました。

灯り_1

灯り_2

灯り_3

灯り_4

今年も私の拙いブログにお付き合いを頂きまして、本当に有難うございました。良いお年をお迎えください。

SAMURAI 印

謹賀新年 2013

関連記事

  1. 文字と声

    2010.11.05
  2. 崔顥詩

    2001.02.01
  3. 雨が降ったら

    2008.04.10
  4. 行草という形式

    2001.01.02
  5. 同じ書体でも、時代によって種類分けされる

    2001.01.02
  6. 旅立ち

    2010.10.15
PAGE TOP