中秋の名月


十五夜お月さまが今年は満月になるらしい。なんでも2013年以来、八年ぶりとのこと。
見ごろは19時から21時頃だとか。
いつもなら気だるくなりゆく日暮れだけど、沈みゆく陽と小さな虫の音に誘われながら、ちょっとした高まりを感じている。

もともと月を愛でる風習があった日本に、お月見のならわしが中国から伝わり、平安貴族に広まったという。
月を眺め、お酒を飲み、詩歌を詠んで過ごす優雅な時間。
外灯や室内照明で何不自由のない現代の生活の中で、宇宙旅行の対象のように語られる月も、いまよりずっと暮らしに密接した存在だったに違いない。

江戸の頃には庶民のあいだでも、秋の収穫への感謝や祈りと結びついて広まり、ススキや月見団子をお供えするようになったという。
外出もなかなかできずにススキもお団子も揃わないけれど、せめてものコロナによる混乱の収束と安寧な日々を祈り、先日おすそわけでいただいた農作物(野菜や果実)の砂糖菓子と折り紙で作ったうさぎを窓辺に供えて、心待ちにしようと思う。

地域によって状況は異なるとは思うけれど、皆さんもご自宅で、あるいは帰宅の途中に空を見上げて、このひとときをご一緒に。

    感・覚

    君がため

    関連記事

    1. 墨 連載スタート!

      2017.09.06
    2. 書家の筆休め

      2019.04.24
    3. 消えゆく愉しみ

      2015.05.22
    4. 社会

      2020.04.09
    5. 春光の中で

      2013.03.23
    6. 自然の摂理

      2016.04.11
    PAGE TOP