Loading

mirror work⑥

mirror8

 

mirror work ⑥

「女は破れ窓の障子を開らきて外面を見わたせば、

向ひの軒ばに月のぼりて、此処にさし入る影は

いと白く、霜や添ひ来し身内もふるへて、寒気は

肌に針さすやうなるを、しばし何事も打わすれたる

如く眺め入て、ほと長くつく息、月かげに煙をゑが

きぬ」 樋口一葉

>関連記事 「日本の美しい文字プロジェクトvol.7」

PAGE TOP