10書法と美の着眼

 

余白/Yohaku

点画の中に適度な〈余白〉を取ることによって、文字に温和さが生まれます。この〈余白〉は、墨の部分の“影”に対して、“光”と捉えることも出来ます。

Keeping moderate “Yohaku” among the Ten and lines of a character allows it to have mildness. The “Yohaku” can be thought as the “light” in contrast to the “shadow” of Sumi ink part.

:::::::::::::::::

『日経おとなのOFF~木下真理子のおとなの書道塾』より 写真:大高和康 翻訳:鈴木桂子

PAGE TOP