1書法と美の着眼

 

起筆

筆が入る起筆の瞬間から「書」は生まれます。
起筆はその後に書かれる線に影響を与え、文字の形や作品全体の印象も左右する大切な部分です。

起筆1:「順筆(じゅんひつ)」

書こうとする線の左上方向から、素直に筆を入れる。
自然で穏やかな起筆の形になります。

 

起筆2:「逆筆(ぎゃくひつ)」

書こうとする方向と反対へ筆を入れて、穂先を巻き込むように。
きりっとした強い起筆の形になります。

起筆3:「直筆(ちょくひつ)」

筆を紙面に対して垂直に構えて、そのまま筆を入れる。
丸みを帯びた起筆の形になります。

『日経おとなのOFF~おとなの書道塾』より 写真:大高和康

 

はじめに はらい2 余白 楷書

起筆 転折 潤渇 行書

はね1  抑揚 草書

はね2 収筆1 意連 隷書

はらい1 収筆2 疎密 篆書

TOPに戻る

PAGE TOP