14書法と美の着眼

 

疎密

文字の中に伸びやかな部分である“疎”と引き締められる“密”の部分が共存することで、幽妙な趣が顕れます。
〈疎密〉は一字書だけに言えることではなく、複数行の書においても同様に意識されます。

 

 

『日経おとなのOFF~おとなの書道塾』より 写真:大高和康

 

はじめに はらい2 余白 楷書

起筆 転折 潤渇 行書

はね1  抑揚 草書

はね2 収筆1 意連 隷書

はらい1 収筆2 疎密 篆書

TOPに戻る

PAGE TOP