14書法と美の着眼

 

疎密/Somitsu

文字の中に伸びやかな部分である“疎”と引き締められる“密”の部分が共存することで、幽妙な趣が顕れます。〈疎密〉は一字書だけに言えることではなく、複数行の書においても同様に意識されます。

If “So” or extensive parts and “Mitsu” or tight parts coexist in one character, sophisticated elegance will be discovered. You are required to be attentive to “So-Mitsu” not only in one character but also Sho with some lines composed of several characters.

:::::::::::::::::

『日経おとなのOFF~木下真理子のおとなの書道塾』より 写真:大高和康 翻訳:鈴木桂子

PAGE TOP