6書法と美の着眼

 

転折/Tensetsu

「転折」は、横画から縦画への曲折運動を行う部分です。転折ポイントでは、筆先の動きにメリハリをつけるように、その後は直角になりすぎないように、筆力や角度に留意しながら書いていきます。

“Tensetsu” is a turning point from a horizontal stroke to a vertical one. At the Tensetsu point, pay special attention to the power of your brushstroke and to the angle, in order to have the tip of your brush well-balanced and not to make the angle too right.

:::::::::::::::::

転折①/Tensetsu 1

ゆったりとした心持ちで運筆を開始します。

Start writing in a relaxed mood.

転折②/Tensetsu 2

曲がるところは、焦らず、一拍置くようにします。

When turning your brush, take a pause without haste.

転折③/Tensetsu 3

下方へ直線的ではなく、多少丸みを持たせます。

To be continued downward not straight but some roundly.

転折④/Tensetsu 4

筆力を維持、内側方向へ書くと伸びやかに見えます。

Maintain the force of your brushstroke and write inward. Then the line will look longer.

『日経おとなのOFF~木下真理子のおとなの書道塾』より 写真:大高和康 翻訳:鈴木桂子

PAGE TOP