17書法と美の着眼

 

草書/Sosho

隷書の速記体。一見してわからないほど崩されていますが、崩し方には一定の基準、型があります。

It is a shorthand style of Reisho. The running style is not clear enough to tell at first sight, but it is written in accordance with definite standards and forms.

:::::::::::::::::

書き方/The way of writing

ひと文字の中での始まりから終わりまでの流れと線の構成を理解し、筆を入れたら連続して流れるように、ひと筆書きのイメージで書いていきます。

Comprehend the flow from the beginning to the end and the structure of lines in one character, and then once you make your brush touch the paper, proceed to write in flowing handwriting without lifting the brush from the paper.

『日経おとなのOFF~木下真理子のおとなの書道塾』より 写真:大高和康 翻訳:鈴木桂子

PAGE TOP