4書法と美の着眼

 

右払い/Migi-harai (sweep brushstrokes to the right)

「払い」の入筆は、他の点画との接点から下方へ向かって書いていきます。接点となる点画の内側から重なり合うように書くことで、直線的単調な線ではなく、優雅な「払い」になります。

“Harai” entrances begin from meeting points with other strokes and go downward. Overlapping strokes started from the inside of the meeting points will result in graceful “Harai” instead of linear monotonous ones.

:::::::::::::::::

右払い①/Migi-harai1 

起筆後、少しずつ筆力を加えていきます。

After the Kihitsu, add the force of your brushstroke little by little.

右払い②/Migi-harai2

終筆に向けて、グッと力をためます。

Put all your power for the last stroke.

右払い③/Migi-harai3

ゆっくりと横方向に、方向転換します。

Turn to the horizontal direction slowly.

右払い④/Migi-harai4

筆の“毛先”は、線の上部を捉えるようにします。

Try to have “the tip of your brush” capture the upper part of the line.

『日経おとなのOFF~木下真理子のおとなの書道塾』より 写真:大高和康 翻訳:鈴木桂子

PAGE TOP