Loading

11書法と美の着眼

 

潤渇

〈潤渇〉とは、滲みと擦れの美であり、
技術的側面と自然条件(気温・湿度など)との交わり合いによって生まれます。
自分の狙いと不可抗力との調和が、書道をシンプルでありながら奥深いものにしています。

 

『日経おとなのOFF~おとなの書道塾』より 写真:大高和康

 

はじめに はらい2 余白 楷書

起筆 転折 潤渇 行書

はね1  抑揚 草書

はね2 収筆1 意連 隷書

はらい1 収筆2 疎密 篆書

TOPに戻る

PAGE TOP