16書法と美の着眼

 

行書

草書と同じく日常で使われた隷書の速記体。
楷書を崩すことで行書が発生したわけではなく、
行書や草書がそのもととなった隷書に影響を与え楷書発生の要因のひとつとなりました。

 

書き方

運筆の緩急をつけ、力まずに強弱のリズムの変化を加えながら書くと、動的に変化します。

 

『日経おとなのOFF~おとなの書道塾』より 写真:大高和康

 

はじめに はらい2 余白 楷書

起筆 転折 潤渇 行書

はね1  抑揚 草書

はね2 収筆1 意連 隷書

はらい1 収筆2 疎密 篆書

TOPに戻る

PAGE TOP