書法と美の着眼-筆のおろし方-

書法と美の着眼-筆のおろし方-

筆のおろし方

新しい筆は、穂(毛の部分)が糊で固められていますので、筆の軸の部分をまわしながら、穂先の方から徐々に指でほぐしていきます。

半紙に練習をする筆なら、穂先3分の2くらいを目安にほぐしてから使用してください。

 

 

『日経おとなのOFF~おとなの書道塾』より 写真:大高和康

←TOPページに戻る

→木下真理子の書作品を観る

 

書法と美の着眼

SEASON1 ☛   SEASON2 ☛  
1. 起筆      1. 余白
2. はね1     2. 潤渇
3. はね2     3. 抑揚
4. 払い1     4. 意連
5. 払い2     5. 疎密
6. 転折      6. 楷書
7.       7. 行書
8. 収筆1     8. 草書
9. 収筆2     9. 隷書
10. 用具     10. 篆書