7書法と美の着眼

 

「点」もいってみれば一画です。
単純に筆を置くというだけではなく、
毛先を上手く活用させて丸味と柔らかさのある点にしていきます。

 

点①

一点の中にも起筆と収筆があります。

 

点②

長さや太さ、角度の違いを表します。

点③

どの点も必ずどこかに向かっています。

点④

点と点の連続性を意識するようにします。

 

『日経おとなのOFF~おとなの書道塾』より 写真:大高和康

 

はじめに はらい2 余白 楷書

起筆 転折 潤渇 行書

はね1  抑揚 草書

はね2 収筆1 意連 隷書

はらい1 収筆2 疎密 篆書

TOPに戻る

PAGE TOP