Loading

2書法と美の着眼

 

右はね

はねる前の心持ちから「はね」は始まります。
急に線を曲げたり、勢いにまかせた運筆は筆を不安定にするので、筆圧は徐々に加えていき、
運筆の速度を工夫しながら、伸びやかで豊かな「はね」のイメージを持つことが肝心です。

 

右はね①

反りのある伸びやかな筆の運動を、受け止めるように。

 

右はね②

一拍おいて、遠くに向かって押し出していくように。

右はね③

同時に柔らかに包み込んでいくような意識で。

右はね④

その長さは、長すぎず短すぎず、相応しさが大切。

 

『日経おとなのOFF~おとなの書道塾』より 写真:大高和康

 

はじめに はらい2 余白 楷書

起筆 転折 潤渇 行書

はね1  抑揚 草書

はね2 収筆1 意連 隷書

はらい1 収筆2 疎密 篆書

TOPに戻る

PAGE TOP