『方丈記』を交点にした、常に“うつりかわるもの”を眺めながらも感じる“普遍的なもの” 
☛文化庁サイト

「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとゞまりたるためしなし。世中にある人と栖と、又かくのごとし…」。
鴨長明の『方丈記』の一節を揮毫した書を現代美術として変換し、映像表現として時間軸を与え、言葉を分解・再構築したサウンドによって構成された作品。木下真理子が書の活動でコンセプトにしている空や縁起の感覚。コリーフラーが取り組んでいるアンビエントの織りなす豊かな静寂。山本信一が作品で目指している風景を眺めるときのメタ的な視点。それぞれのアーティストのもつ世界観を『方丈記』を交点にしてコラボレーション。

※操作パネルの右下に、表示拡大ボタンがあります ※コロナ禍の影響で公開延期となっている次回作につきましては、開催日が決定次第、お知らせ致します

“Universal things” that always feel “look at things that change”at the intersection of “Hojoki”.
☛Agency for Cultural Affairs

“The Flowing river never stops and yet the water never stays the same.Foam oats upon the pools, scattering, re-forming, never lingering long. So it is with a man and all his dwelling places here on earth.”
Converts calligraphy of a section of Hojoki,Kamono Chomei as contemporary art, Give a flow as a visual, A work composed of sounds that disassembled and reconstructed words. The sense of sky and auspiciousness that Mariko Kinoshita uses as a concept in her calligraphy activities.The poetic calm and silence of ambience by Corey Fuller.A meta-perspective when looking at the landscape that Synichi Yamamoto isaiming for in his work. The collaboration of each artist’s view of the world with”Hojoki” as an intersection.

Fragments Airport version Type-A
Fragments Airport version Type-B


 
 

YUNIKA VISION

 
 

ALTA VISION

 
 

Flags VISION

 
 

LUMINE EST VISION

PAGE TOP