書き方に原則があった

0930_3kashi_8_3

書き方に原則があった

 『隷書(れいしょ)』における書き方は、横画の幅が広くなったことや起筆の形などにより、それまでの『篆書(てんしょ)』の時代にみられたような筆を垂直に立てて書く方法から、筆を手前に傾斜して書くようにもなったとされています。

筆が傾斜すると、細かい手の動きも表れやすくなり、それは表現性が備わったということでもあります。

    書体は時代とともに変化する

    同じ書体でも、時代によって種類分けされる

    関連記事

    1. 思いやりと感謝の気持ち

      2001.02.03
    2. Personal Data 19

      2001.03.01
    3. “畏れ”

      2013.04.08
    4. 薄暑

      2014.05.17
    5. 寒いジョーク

      2008.11.21
    6. 古の書 読み書き

      2001.01.04
    PAGE TOP