書体は時代とともに変化する

img019_0_0

 

書体は時代とともに変化する

『隷書(れいしょ)』は、それまでの時代で使用されていた『篆書(てんしょ)』という書体が直線的になり、簡略化されたものです。

実用性から発展したとされていますが、一方で、漢代の人々はそこに美しさを求め、観賞として文字を捉えていくようにもなりました。

また、当時の人々は既に書体という概念ももっていたようです。

五大書体のひとつである隷書

書き方に原則があった

関連記事

  1. モヨリノ

    2010.08.06
  2. 大阪にて

    2014.04.02
  3. Personal Data 25

    2001.03.01
  4. 緑の季節

    2008.05.15
  5. Personal Data 55

    2001.03.01
  6. 茨の先の、バラの木

    2013.10.17
PAGE TOP