高適(こうせき)詩

img_0004_2_2

2009 「高適(こうせき)詩」

     H182×W60cm

 

書き下し文

「使清夷軍入居庸」 (五言律詩)

匹馬(ひつば) 行(ゆ)くゆく将(まさ)に久(ひさ)しからんとす 征途(せいと) 去(さ)ること転(うた)た難(かた)し 辺地(へんち)の別(こと)なれるを知(し)らず 祇(た)だ客衣(かくい)の単(ひと)えなるに訝(おどろ)く 渓(たに)は冷(ひや)やかにして泉声(せんせい)苦(さ)え 山は空(むな)しくして木葉(もくよう)乾(かわ)けり 言(い)う莫(な)かれ 関塞(かんさい)極(きわ)まれりと 雲雪(うんせつ) 尚(な)お漫漫(まんまん)たり

 

意味

一匹の馬とともに進むわが旅は、ずいぶん長いものになりそうだ。進むにつれて、旅路はしだいに困難の度を加えてゆく。辺境の気候が内地とは違うことを知らず、身にしみる寒さに、私はふとわが旅の着物がひとえであることに気づき、いまさらのように驚くばかりだ。道すがら、谷は冷えびえとして、泉の音もひとしおさえかえる。山には人気もなく、かわききった落ち葉が、踏むにつれて音をたてる。―この居庸(きょよう)へ来て、辺境の旅はもうこれで  おしまいだなどと考えてはならぬ。まだこれからさき、雲と雪におおわれた旅路は、どこまでも続いているのだから。

 

出典 

唐詩選

 

    松樹千年翠

    惚れる

    関連記事

    1. Personal Data 72

      2001.03.01
    2. Personal Data 32

      2001.03.01
    3. 暗闇の中で・・・

      2010.12.09
    4. 『野ばら』揮毫 in フランクフルト

      2009.10.30
    5. 気持ち良さの秘密

      2009.03.13
    6. 第64回 正倉院展

      2012.10.09
    PAGE TOP