緑の季節

連休が明けて、途端に梅雨に入ってしまったかのような大ぶりの雨でした。ここ数日は曇ったり、雨が降ったりで、寒かったですね。傘を差して歩いていると、カラカラだった草木がしっとりと色を増し、とても美しく見えました。

また、先日少し時間があったので、友人とランチに行きました。ランチメニューの写真を見て、アスパラののったサラダを注文したつもりが、よく見るといんげんだったので、フフと笑いあってしまいました。でも、ここでも何か緑に魅かれて選んだような気がしました。

誰かにお手紙を書きたいと思ったけれども、どう書きだしてよいのか悩んでしまった時には、五月の言葉のなかで「新緑の美しい季節で御座います」という書き出し方があったりします。

実は、春と夏の合間には、忘れてゆくもの、また記憶として新しくなるもの、そういった心の循環を行い、リフレッシュさせてくれる“新緑の美しい季節”という、もう一つの季節があるのかもしれませんね。

みなさんは緑から何をイメージしますか?

物語の花

初夏色の窓

関連記事

  1. 致志于身後百歳焉

    2001.02.03
  2. 気持ち良さの秘密

    2009.03.13
  3. Personal Data 56

    2001.03.01
  4. 私の上に

    2001.02.01
  5. 行書、そして楷書へ

    2001.01.02
  6. 一期一会の精神

    2013.02.22
PAGE TOP