書法と美の着眼-隷書にみる収筆③-

書法と美の着眼-隷書にみる収筆③-

隷書にみる収筆例① ☛

隷書にみる収筆例③

「知」の〈口〉は一画毎に、重なり合いを考えて収筆します。

 

起筆部分はもちろんですが、収筆という“各点画の仕上げとなる部分”も、文字を美しく見せる重要な決め手となります。

 

 

『日経おとなのOFF~おとなの書道塾』より 写真:大高和康

←TOPページに戻る

→木下真理子の書作品を観る