届ける文化


先日、新聞で郵便局が土曜日の配達をいずれ行わなくなるという記事を読んだ。

私は仕事柄か、書道の通信講座もしているのでかなりの頻度で郵便を使う。

手紙や季節のハガキを書いたりすることは今も行っているけれど、昔はいろんな絵柄の切手を集めてみたりしていた。

ビートルズの歌に「Please Mr. Postman」という歌があった。送り手も受け取り手も心待ちにする、そんなときめきも、スピードが要求される社会では失われてゆくのだろうか。

書家だからということではなく、「手紙(てがみ)」とう言葉は本当に素敵な言葉だと思う。

  • 2018年11月20日