言の葉story

言の葉story

年の暮れが意識されるようになると、今抱えていることを今年のうちにまとめられるだろうかと、一抹の不安がよぎるもの。そんな折に、いやそんな時だからこそかもしれないが、心惹かれるままに『舟を編む』という映画のDVDを借りてしまった。

公開から一年以上が経っているので、既によく知られた映画であるが、松田龍平さん演じる主人公が「辞書」を制作していくというストーリー。登場人物たちの柔らかく温かい人柄、人と人との関わり合いに余白という「間」が効いていて、とても日本的で素敵な作品であった。制作している辞書の名は『大渡海』。「辞書は言葉の海を渡る舟、編集者はその海を渡る舟を編んでいく」という意味とのこと。

私は仕事柄、一日に何度も“じしょ”にはお世話になっている。書家にとっての“じしょ”は、「字書」というものがあり、漢字が篆書(てんしょ)・隷書・草書・行書・楷書という書体で、時代別に表記されている。本格的なものはまだ電子書籍化されていないため、とにかく厚くて、大きくて、重い。

それはともかくとして、義務教育において学校から推奨されている国語辞書というものがあったが、当時は無味乾燥なものに思っていた。それがこの映画を観たことで印象が変わった。大型のものなら20万以上の収録単語があり、それだけの数の「事象という断片」が集積されているというのだから、それ自体が「日本」そのもの、という捉え方もできる。

一つひとつの単語に付けられている「語釈」は、全てが“熟考”されている。例えば「左」という意味が、どう説明されるのかと言えば、<東に向いたとき北にあたる方><時計の針の進む方と逆回りの方><大部分の人が食事のとき茶碗を持つ側>・・・この映画では<数字の“10”の0ではない方>とする。

国語辞書は、自分の言葉に対するイマジネーション力を試すのにうってつけの、目からウロコな一時を過ごす「読み物」としても楽しめる。

 

  • 2014年11月22日

BACK NUMBER