命を懸けて欲したモノ

現代でも本物の香木は、「金」に勝る程の価値があるという。
戦国時代、武将はこぞって香木を愛で、香を心の拠り所としながら、戦場に赴いた。
香道編、いよいよクライマックス!命を賭けて欲したモノ

日経ビジネス「和道~心のしきたり 美のこだわり」

>第3回足利義政は香木コレクターだった

※2月6日(土)のみ、会員登録無しで閲覧可能です。上記リンクをクリックして記事ページに入ってください。

  • 2016年02月06日