Loading

邶風静女詩

0929_2_2

2007 「詩経 邶風(はいふう)静女」

        H165×W42cm

(槇社文会展 於:池袋サンシャイン文化会館)槇社文会賞

 

書き下し文

    「邶風 静女」 (『詩経』より)

静かなる女(むすめ)の其れ姝(かおよ)きが、 我を城の隅にて俟つ。愛として見えず。首を掻いて踟蹰(ちちゅう)す

 

出典

  詩経 白川静 中央公論新社

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

    沈佺期詩

    快哉

    関連記事

    1. Personal Data 35

      2001.03.01
    2. 花橘

      2001.01.01
    3. 冬はやっぱり、鍋

      2009.01.23
    4. ココロ見

      2011.08.23
    5. 信頼とスピード

      2001.01.03
    6. 雨音とキャンドル

      2011.06.28
    PAGE TOP