守りたいもの

クリスマスも終わり、いよいよ今年もフィナーレを迎えようとしています。

過ぎ去った日々がもたらしてくれたもの、それは新しく出逢うことの出来た友人たちです。夢や愛することを語り合えるかけがえのない存在。失うことばかりの世の中ですが、これだけは守り続けていきたい、私にとって一番大切なものです。

みなさん、今年一年、拙い私のブログをお読み頂きまして、本当にありがとうございました。

直接お目にかかることは出来ませんが、みなさんと心の会話が出来た幸せを感じております。

どうか穏やかで温かな年末年始をお過ごし下さい。

余白

明けましておめでとうございます

関連記事

  1. 花火と遠い日の記憶

    2010.07.28
  2. 明けましておめでとうございます

    2009.01.05
  3. Personal Data 11

    2001.03.01
  4. 品性と知性

    2014.04.26
  5. 水は竹邊より

    2001.01.01
  6. Personal Data 6

    2001.03.01
PAGE TOP