君こひし

photo_2_6_3

2009 「君こひし」

      H70×W35cm

(第1回 菁莪展 2/3-8 於:東京銀座画廊)

 

読み方

君こひし 寝ても さめても くろ髪を

梳(す)きても  筆の柄(え)をながめても

(与謝野晶子の歌)

 

作品について

この度、新しい書展の開催をきっかけに、以前書いた詩文ともう一度向かい合って書作することにしました。中国の書家で、明末清初ロマン派で知られる王鐸(おうたく)の書を基礎として、“ いつどんなところに居て、何をしていても、あなたが恋しいという、連鎖していく想い”をらせんのようにイメージして書きました。

    青春時代の真ん中は胸に刺射すことばかり

    私の上に

    関連記事

    1. 茨の先の、バラの木

      2013.10.17
    2. 夏のまぼろし

      2008.08.22
    3. 蕾、再び   

      2009.11.25
    4. いつまでも

      2011.07.05
    5. エコとエゴの境界線

      2008.07.04
    6. きらびやか

      2001.01.01
    PAGE TOP