孫逖詩

0929_3

2007 「孫逖(そんてき)詩」

        H165×W42cm

書き下し文

「洛陽李少府観永楽公主入蕃」 (五言絶句)

洛陽の李少府(りしょうふ)が「永楽公主の蕃(ばん)に入るを観る」 に同ず

辺地(へんち) 鶯花(おうか)少(すく)なし 年(とし)来(きた)るも未(いま)だ新(あら)たなるを覚(おぼ)えず 美人(びじん) 天上(てんじょう)より落(お)ちしとき 竜塞(りょうさい) 始(はじ)めて応(まさ)に春(はる)なるべし

意味

辺境の地には鶯も花も少ないから、新年がめぐって来ても、いっこうに新しい気分はしないものだ。しかし、天上からこの美人が降りられたとき、吐蕃の都にもはじめて春がおとずれることであろう。

出典

唐詩選

    私の上に

    崔顥詩

    関連記事

    1. 雨の日の午後に

      2012.06.21
    2. 夏はシャツ

      2008.06.12
    3. 封じ込めた気持ち

      2011.04.28
    4. Personal Data 53

      2001.03.01
    5. 時の“形”

      2010.09.17
    6. 初夏色の窓

      2008.05.23
    PAGE TOP