揮毫~3月26日東京ドーム~

魂(たましい)

1 動物の肉体に宿って心のはたらきをつかさどると考えられ

 もの。古来多く肉体を離れても存在するとした。

 霊魂。精霊。たま。

2 精神。気力。思慮分別。才略。

3 素質。天分。

4 精進髷に同じ。(広辞苑 第六版より)

 

東京ドームで開催された『メジャーリーグ開幕戦』。

賑やかな太鼓で口火を切った武士道のオープニングセレモニーの締めくくりとして、「魂」の一文字を書かせて頂きました。

「魂」の一文字を選んだのは、一球入魂というように、野球選手が一球、一打に気力を込めることが、書で一点、一画を描くことに通じるところがあるから。

そして、“自分の領域を超えた未知なる力” “見えないけれど、宿る力” それが私にとっての「魂」のイメージでもあります。

メールと手紙~手紙についてvol.2

春の午後

関連記事

  1. 極月

    2009.12.04
  2. 日本古代のやまと言葉

    2001.01.02
  3. 貴さ、尊さ

    2011.05.23
  4. 模様替え

    2008.05.01
  5. メールと手紙~手紙についてvol.2

    2008.03.21
  6. 紅葉 紅茶 紅い空

    2010.11.11
PAGE TOP